今後の学習予定と資格取得予定

2020年9月もまもなく終わりますね。

コロナ渦などもあり、あっという間の9か月でした。

 

4月から業務も変更になり、転勤もあり、引っ越しもありでいろいろ大変でしたが、なんとか乗り切ることが出来そうです。

 

4月からは、Oracle SQL Developerを利用したSQLを中心に学習を進めました。

AccessMySQLも学ぶ予定もありましたが、採取的には、OracleDatabeseに的を絞って、BROZEの資格取得も視野に入れて、学習を進めました。

 

10月にまもなく入るので、ここで10月以降の学習予定と資格取得予定を明確にして、それをゴールにして、学習を進めていけたらと考えています。

 

学習予定

 

上記の2つに的を絞ります。よって資格取得もおのずと以下の2つになります。

資格取得

2つに的を絞っていますが、決して合格がたやすい試験ではありません。

OracleDatabeseは、受験代金も安価ではなく、2つの試験の合格が必要です。

 

一方、高度情報処理試験は、来年4月の合格を目指しますが、試験レベルも高く、午前試験Ⅰを突破する必要もあり、こちらは、別途試験対策が必要になります。

 

データベーススペシャリストの問題は、事例問題が多く、読解力も必要になります。

こちらも万全な試験対策が必要で、試験は、年1回4月になります。

 

よってOracleDatabeseの試験対策と並行して、高度情報処理試験学習が必要になります。データベースの部分は、共通する部分もありますが、午前対策は、用語などは、暗記が必要になる部分もあります。

 

また、時間配分も重要になります。事例問題にも慣れて、読解力を身に着けて、対応していく必要があるので、難易度は非常に高く、1回の受験での合格は、ほぼ難しいです。なお、午前試験は、合格基準に達していれば、次回以降の受験が免除になります。

 

まずは、年内にOracleDatabeseの1試験合格を目指して学習を進めます。

並行して午前対策とデータベーススペシャリストの学習を進めます。

 

来年の4月以降は、業務内容も考慮して学習内容を見直します。